FC2ブログ

名前:maica         自室改造と古いものの記録です

リリス瓶



骨董市でもうひとつ買ったものがこのクリーム瓶。
P1130471.jpg
小さくて、金属の蓋、そしてラベル(読めないけど)。
おお!?
とひっくり返すとエンボスまで(*゚∀゚*)


リリスのエンボス。
P1130478.jpg
しかも右文字です!

キャー滅茶苦茶好み~!と思いつつ、2千円ですとか言われたらどうしようと値段を聞くと三桁!
即決で購入しました。
今考えるとちょっと渋ればあと100円くらいは安くしてくれたかも。
嬉しくて飛びついちゃった(´∀`*;)ゞ



そして帰宅後、蓋を開けてみてビックリ、
真っ赤っか~(゚△゚;ノ)ノ
P1130480.jpg



なんじゃこりゃ!と読みにくいラベルをよくよく見てみると、リリス煉紅の文字が。
P1130474.jpg
煉紅!?
煉紅とは、
色素を油蠟(ゆろう)またはコールド-クリームを基剤として練った泥状の口紅・頰紅。
(大辞林より)
だそうです。

これは嬉しい誤算でした♪
初の紅瓶です(o‘∀‘o)*:◦♪


その後表のラベルも解読してみると
「LILITH CHERRY BLUSH」
「LILITH KESHOEN」
の文字。

「リリス 化粧品」で検索しても出てこないのでリリス化粧園で検索してみると国会図書館のデータベースがヒットしました。
・山脇学園創設者、山脇房子が関わったらしい
・社名は三宅堂化粧品部らしい
・会社所在地不明
http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000200997

ということで詳しいことはわかりませんでした。
でも昭和7年の雑誌にリリス煉紅の広告があるようなのでその時代のものなんでしょう。


それにしても読みにくいラベルの色だなーと思って水拭きしてみるとまっかっか~。
もしかして中の紅がこぼれてラベルに染み込んだ??
謎ばかりのリリス瓶でした。



スポンサーサイト

Comment

拾い人  

インスタの方にコメントしてこっちに来たら、こっちもアップされてましたね!(^^ゞ

こっちにも書きますが私も持ってた(持ってる?)リリスの瓶がこんな可愛いのだとは思いませんでした。蓋とラベルの力はすごい! 蓋付は掘ったり拾ったりじゃぁなかなか無いですからねぇ。
さすがにまだ持ってたとしても、蓋だけ手に入るとは思えないので結局手放しちゃったかも。
ブログにまでアップしてたんだけど、ここのところまた前回を上回る大処分をしてるので生き残ってる可能性は低いです。(ーー;)
いや、しかし大変参考になりましたぁ!

2017/12/03 (Sun) 00:04 | EDIT | REPLY |  

狐憑き?  

リリス、拾い人さんの所で拝見しましたが大変かわいい瓶ですね
形も大きさも雰囲気も良し!
真鍮の蓋も良いなぁ
こんな感じの超ミニマムサイズのクリーム瓶は可愛いんですけど、手に届くお値段の物が少なくて…

2017/12/03 (Sun) 03:38 | EDIT | REPLY |  

maica  

拾い人さんへ

私もインスタに書いたけど、捨てたんかい!!ヽ(`Д´)ノ
リリス、エンボスが可愛いから瓶だけでも欲しかったなー。

そうかー拾い人さんの所で見たんだったか~。
骨董市でエンボス見てからどこかで見たようなーってずっと思ってたんですよね。
すっきりした~。
(でも捨てられてるし・・・)

やっぱりラベルは貴重ですよね。
調べるにしてもこれからの資料用としてもラベルは大事にしたいです。

2017/12/04 (Mon) 02:20 | EDIT | REPLY |  

maica  

狐憑き?さんへ

大変可愛いですヾ(*>д<*)o
そう!真鍮!!
これってやっぱり真鍮ですかね?
色はまさしくなんですが、真鍮の蓋の化粧品て見たことがなかったので、しん ちゅう か??
って思ってました。
今回はラッキーでした。
出店場所に着いて二軒目くらいでこれ見つけたんですよ。
風邪気味でボーッとしてたんですが、嬉しくてシャッキリ機嫌も良くなりました(*´∀`*)

2017/12/04 (Mon) 02:25 | EDIT | REPLY |  

Add your comment